BLOG

はたらく、まなぶ、楽しく生きる。多様性のある毎日。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 看護師が伝えるSRHR日記
  4. 2月17日(水)【国家試験に向けて】

2月17日(水)【国家試験に向けて】

2学年における実習や授業が全て終わりました。

春休みまでの期間は、国家試験対策や就職面接練習などが入ります。

そう、この時期から学校は一気に来年の国試と、就職活動モードになるのです。

昨日まで、実習があーだこーだ言っていた友人が、いきなりあそこの病院のインターンがとか、〇〇病院の採用ページが更新されないんだよねなんて話して、私は周囲の変化に付いていけません。

さらに、この時期から業者の模試を受けることで、現実を目の当たりにします。

私たちが受ける看護師国家試験は、午前の2時間半、午後の2時間半で試験を受けます。

試験の内容は、必修問題50問、一般問題130問、状況設定問題60問の3種類に分かれており、必修問題が8割取れなければ、一般・状況設定が満点でも不合格となるのです。

そして、実習後に受けた低学年向けの模試の結果は解答率69%。

8割どころか、ほぼ半分しかできてない!!!!!!

もう自分が底辺にいるのだということを突きつけられます。

しかし、めげない!

落ち込んでいる時間はない!

これから右肩上がりになるために今からできることをコツコツ積み重ねていくのです。

さて、何からすればいいのでしょうか。

【実習が終えて、お疲れビールができないので、代わりにクラス内ではお菓子で労い会が行われます。センスのいい子からもらった虎屋の羊羹。】