BLOG

はたらく、まなぶ、楽しく生きる。多様性のある毎日。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 看護師編集者のゆる日記
  4. 1月10日(金)【男と女の試着室】

1月10日(金)【男と女の試着室】

こんにちは。小児科・産婦人科看護師のヤゴメです。

「自分に合ったコンドームって、どうやって選んだらいいですか?」

性教育の話を人前ですることになって、あったら一番困る質問を考えたときに真っ先に浮かんだもの。

実は私、コンドームを自分で買ったことが2回しかなくて、選ぶなんてことは一度もしたことがありません。

コンドームの大切な役割の一つが避妊。だから外れないものを選ぶ。それはわかるけど、肝心のサイズの選び方がわかりません。メーカーのHPにはコンドームの直径サイズは書かれているけど、実際に計測する勇気、私にはありません。

最近は「女の子もコンドームを持ちましょう」ってよく聞くけど、パートナーのペニスのサイズを測るなんて、ハードルが高すぎる。結婚していたって、したくない。それにアバンチュールだってあるかもしれない!

女の子が積極的に避妊するためには、日本ではもう販売されていない女性用コンドームが、もう一度日の目を見る必要があるんじゃないかな。

私のこれまでの悩みを夫に話したら、こんなアイデアが返ってきました。

「女性がブラジャーを選ぶように、男性もコンドームを計測して試着したらいいのかな」

コンドーム試着室。なんだかとってもシュール。私にはこのアイデアが受け入れがたくて、この感覚が一般的なものなのか、私にも性差別的な考えが隠れているからなのか。性の話って難しいなと思ったのでした。