BLOG

はたらく、まなぶ、楽しく生きる。多様性のある毎日。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 小学5年生でもわかる骨と筋肉の話
  4. 3月27日(水)【痛いってなに?】

3月27日(水)【痛いってなに?】

柔道整復師の佐々木です!

今回は【痛いってなに?】です。
これまでの人生で、身体のどこかしらが痛くなったと思います。
でも、痛いって何だと思いますか?
筋肉が切れた→治さないといけないと脳に信号→血小板、白血球が集まる…
その過程を踏むため、どこかでトラブルが起きてると、体に伝えるために、痛い刺激が出てきます。

その過程は様々な場面で応用可能です。
例えば、筋トレしてる時。
触ったり、叩いたりの刺激を筋肉に入れます。
そうすると、「ここの筋肉の筋トレをやってるぞ」と脳がキャッチする。
早く治さないとって、成長ホルモンが出やすくなる。

体というのは不思議です。だから面白いのかもしれません。

最後までお読み頂きありがとうございました!