TEAM

“ファンメディ”を作る人たち

ファンメディケーション、略して”ファンメディ”。
ここが私達の働く場所です。

ファンメディで働く人

森本滋久 代表取締役

市販の人気健康雑誌とともに歩んだ14年間のノウハウとネットワークが武器。
ヘルスケアコンテンツの専門編集者を始めとする様々なクリエイターとともに、皆さまの情報発信をサポート、伴走いたします。また、過去に手がけた豊富な実績に基づき、ゼロからのプランニングをご提供。
定期刊行メディアの広告営業や、イベント実施の当日運営まで、業務受託が可能です。

PROFILE
ヘルスケアコンテンツプロデューサー。
1970年 兵庫県宝塚市に生まれる。1994年に大学を卒業後、新卒で入社した大手教育出版社の雑誌部門での対企業営業の経験を積んだあと、社内での新規事業PJとして発足した健康食品開発に携わる。そこで、入社前から抱いていた「健康啓発事業への熱い想い」が再熱し、当時の同僚3名ともに、市販健康雑誌の編集部となる制作会社を起業。
2004 年の創刊以来 14 年間以上にわたり、その健康雑誌の広告営業分野にて、数々のヘルスケア商材のマーケティングに関わりながら、健康イベント、流通現場等のリアルチャネル等におけるヘルスケアコンテンツの発信実績を積み重ねる。
2019年1月、自身の活動を、よりヘルスケア分野での情報発信に特化するために、ファンメディケーション株式会社を設立。
「生活者が集まる場」 「ヘルスケアに関わる企業」 「医療専門職」 「行政」の4つのパートナーを繋ぐことが全ての始まり…が信条。

●好きな映画は、何ですか?

「HER」「エクス・マキナ」「グリーンカード」「恋人たちの予感」「誰がために鐘は鳴る」基本的には恋愛映画が好きですが、特に、AI(人工知能)との恋愛ものには興味があります。

●子どもの頃の夢は?

牧場主。
牛乳が好きな子供だったので(今も好き)、毎日牛乳がタダで飲める乳牛の牧場主に憧れました。

●自画自賛ポイント

ストレス耐性が、きっと…強い。自分でよく「ガラスのハートが…」と叫んでいる割には、きっとストレス耐性が強いので、今までなんとかやってこれてます。

橋本優子 編集部 看護師

PROFILE
ヘルスケアコンテンツ編集者。
1976年、長野県佐久市生まれ。大学卒業後、出版社にてビジネス誌に携わる。その後、出産をきっかけに体のことを知りたいという思いと「医療」「看護」という分野に興味がわき、知識を得るため看護学校に入学。看護師免許を取得。病院勤務を経て、健康情報誌編集部へ。「看護」「医療」の知識を活かした情報発信をするためファンメディケーション株式会社に入社。6歳女子、5歳男児の母。

●癒される瞬間は?

子どもの間に挟まって眠る瞬間。
1日の疲れが吹き飛びます。

●子どもの頃の夢は?

看護師。
小さい頃、体が弱く頻繁に病院に
行っていて身近な存在だったため。

●自画自賛ポイント

どこでもすぐに眠れるところ。
ストレスに感じることもひと晩眠ると、
忘れることができるところ。