BLOG

はたらく、まなぶ、楽しく生きる。多様性のある毎日。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 「カラダにいい食べ方」管理栄養士日記
  4. 5月21日(木)【食事で免疫力低下を予防~腸内環境を整えよう~】

5月21日(木)【食事で免疫力低下を予防~腸内環境を整えよう~】

私たちの体には、細菌やウイルス、汚染物質など身体に有害な物質を排除する「免疫」という防護システムがあります。
中でも、腸管には特別な免疫機構があり、私たちの体にある免疫細胞のうち、60%以上が腸に集中していると言われていますから、腸内環境を整えておくことが免疫力アップに重要なことがわかります。

食物を消化、吸収する働きをもつ私たちの腸には、500種類以上、1000兆個以上の腸内細菌が存在していると言われています。たくさんの菌が種類ごとに塊となって腸壁に張り付いている様子がお花畑に見えることから「腸内フローラ」とも呼ばれていますね。

この腸内細菌は、有害物質の排泄。また、ヒトの消化酵素では分解できない難消化性食物繊維を、吸収できる形に代謝するなどに働いています。
過度なストレスや生活習慣の乱れにより、腸内環境のバランスが崩れると、腸管から有害物質が侵入し、腸管の炎症や免疫機構のバランスも崩れてしまうのです。

腸内環境を整えるときには「シンバイオティクス」を意識しましょう。
シンバイオティクスとは、納豆やヨーグルトなど腸内細菌として作用する微生物を含む食品と水溶性食物繊維やオリゴ糖など腸内細菌のエサをなる食品を一緒に摂ることをいいます。

腸内環境を整えて、免疫力を落とさないよう気を付けたいですね。