BLOG

はたらく、まなぶ、楽しく生きる。多様性のある毎日。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 「カラダにいい食べ方」管理栄養士日記
  4. 5月19日(火)食事で免疫力低下を予防

5月19日(火)食事で免疫力低下を予防

まだまだ油断できない新型コロナウイルス。
ご家族や大切な方の健康を気遣い「免疫力アップの食材は?」というような質問を沢山いただきました。
しかし「これだけ食べていれば大丈夫!!」といった魔法のような食材はありません。
そこで、免疫システムを正常に機能させるために大切な食事ポイントをお伝えします。

免疫力低下予防のポイント
・適切なエネルギー摂取
・お肉、お魚を食べましょう
・アマニ油やエゴマ油などオメガ3系脂質を摂りましょう
・色の濃い野菜を食べましょう
・腸内環境を整える食品を摂りましょう

まずは、摂取エネルギー。
“コロナ太り”なんて言葉もありますが、環境の変化によるストレスなどで太ってしまったことや、食べられなくなり痩せてしまった。なんて経験はありませんか?
やせても肥満でも感染リスクは高くなります。
まずは自分のカラダを知りましょう。

<計算してみよう>
肥満ややせ(低体重)の判定に用いられるのはBMI(Body Mass Index)/ボディ・マス指数※BMIは成人の体格指標です。

BMI=[体重(kg)]÷[身長(m)2]

例)身長175㎝/体重68㎏の場合のBMIは「22」となります。

男女とも標準とされるBMIは「22」
日本肥満学会の定めた基準では18.5未満が「低体重(やせ)」
18.5以上25未満が「普通体重」
25以上が「肥満」
肥満はその度合いによってさらに「肥満1」から「肥満4」に分類されます。

肥満であれば運動などで「消費エネルギー」を増やし、食事量を見直して「摂取エネルギー」とのバランスをとることをお勧めします。

早食いがやめられない方におすすめ記事は、本ブログの2019年12月19日分として掲載していますので、そちらを見てみて下さいね〜。


まずは、感染予防として適切な衛生習慣を続けることが大切ですが、適度な運動と休養。そしてバランスの良い食事を続けていきたいですね。